私たちの事業をご紹介します

株式会社エデュソルでは、3つの事業部門を展開しています。小学生から高校生まで、教科指導や中学、高校、大学受験を指導の「総合学習塾 弘道学館」を運営する「学習塾」部門、また、3歳から小学生までを中心に、自ら能動的に思考し、気づき、問題解決をし、それらを自分の言葉で相手に伝えるという根源的な学びの教室「アクティブラーニングスクール KODOキッズステーション」を運営する「アクティブラーニング」事業、そして、社会人を対象に、企業組織の中に生じる問題を可視化し問題解決するための研修を提供する「企業内研修」事業です。子どもから大人まで、それぞれのステージで、その先を見据えた上で最適な教育コンテンツをご提供しています。

子どもたちの未来をつくる「学ぶ力」を育てる 1.学習塾事業

小学生から高校生までを対象とした総合学習塾 弘道学館の運営展開を行っています。小学1年生から高校3年生までの「小・中・高一貫」の指導を通して、その時期に応じた適切な学習プログラムの提供をすることで、今後の時代を生き抜く子どもたちに「学びの力」を与えていきます。点数の向上や志望校に合格するのはもちろんですが、「受動的」ではなく「能動的」に学習する姿勢を養い、社会に出た後にも活躍できる「人間力」も同時に身につける学習指導をしてます。夢や将来の目標を持ち、その夢に向かって計画を立て、努力をする。その過程を幼少期からの学びの中で覚えることで、生涯にわたって学びを継続できる基礎を創ることを子どもたちに学んでもらいたいと考えています。

総合学習塾弘道学館

自ら能動的に学ぶ力を育て、論理力や思考力を鍛える 「1+1=?」から「X+Y=Z」の教育へ 2.アクティブラーニング事業

幼児・小学生を対象にしたアクティブラーニングスクール KODOキッズステーションの運営展開をしています。教育用レゴ®ブロックやロボット、プログラミング、言語や知識などを用いて、能動的な「思考力」や「問題解決力」を学習するプログラムを提供しています。また、グローバル教育として、海外のトップ大学とのSTEAM教育連携ワークショップも開催しています。これまでの日本の教育は「1+1=?」の答えを追及し100人が全て同じ答えを導き出す、所謂「ジグソーパズル型」の教育でした。もちろん、このような能力は今後も必要ですが、21世紀を生き抜くためには、「X+Y=Z」のように、100人いれば100通りの答えが出る「レゴブロック型」の教育も同時に必要であると考えています。

アクティブラーニングスクール KODOキッズステーション

LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドを用いた研修で、問題を可視化、組織力を向上! 3.企業内研修事業

社会人のための問題解決研修を提供しています。組織やチームには、その規模にかかわらず、目標や予算、計画があり、その目標達成のためは、一人ひとりが同じ方向を見て仕事ができるようにならなくてはいけません。企業活動の中では納期ごとに一定に成果物が出されるため、一見うまく動いているように見えますが、新しいモノ・コトを始める際、チームの考え方がバラバラで上手くいかないことも多々あります。その背景には、一人ひとりの意識や定義の違い、チーム内での意思疎通不足があります。弊社では、レゴ®ブロックを活用したワークショップ型研修を行うことで、見えないものを「可視化」し、新しい気づきを得ることにより、「組織ビジョン共有」「チームビルディング」「パーソナルキャリアビルディング」など、組織のための問題解決支援をしています。

一緒に働く仲間を募集しています

採用情報(正社員・非常勤)はこちら